触れる Touch

催しのご案内 Report of events

2007年未生流笹岡ペルー文化交流使節団

ペルー訪問の趣旨

未生流笹岡では、国内の華道普及とともに、過去50年の間、30数回に及びわが国のいけばなを海外に紹介してきました。ラテンアメリカにおいては、 1997年には、メキシコ日系移民100周年記念行事、2002年および2006年には、グァテマラ共和国の日本文化紹介月間に参加しています。今回の来訪は、2007年6月23日〜7月1日。現地の花協会Flor Peru(フローラ・ペルー、Mirella Silva-Santisteban de Alvarez Calderon会長)および在ペルー日本国大使館(石田仁宏特命全権大使)からの招聘により、笹岡隆甫次期家元をはじめ計12名が訪問。現地の方々を対象としたいけばなのワークショップ、現地のいけばなクラブとの合同花展、舞台でのいけばなパフォーマンスを行いました。国際交流基金の平成19年度の日本文化紹介派遣助成事業にもなっています。

ペルーで、本格的に、日本のいけばなが紹介されるのは今回が初めてです(数十年前に他流派によるいけばな紹介はありましたが、教授者が演台で小作品をいけるのを見るだけという簡易なスタイルでした)。また、未生流笹岡としても、初めての南半球訪問となりました。なお、当日の模様は、2007年7月20日毎日新聞京都版、7月26日付産経新聞京都版、7月31日付読売新聞夕刊関西版、8月5日付京都新聞にご掲載いただきました。

未生流笹岡使節団員リスト

  • 【団長】 笹岡隆甫
  • 【副団長】 武田良甫
  • 【京都】 蘆原千鶴甫、上村美智甫
  • 【大阪】 高橋清甫、高橋延甫、土居有美甫
  • 【東京】 秋元美甫、吉田恭甫
  • 【滋賀】 川瀬令奈甫、川瀬裕貴
  • 【添乗員】 井上晶貴

紀行文「ペルーを訪ねて」はこちらから